緊急避妊薬の効果を持つ錠剤であるアフターピルについて

アフターピルと呼ばれるいる薬にはいくつかの種類が存在しており、いずれも性行為を行った後72時間以内に服用することで妊娠を回避する効果が期待できる錠剤の総称です。良く知られているアフターピルとしてはマドンナ、ポスティノール、アイピル等があり、避妊に失敗した際に使用する緊急避妊薬として知られています。望まない妊娠の可能性のある避妊の失敗が発生した場合や、性犯罪の被害にあった場合などにも役立つ錠剤として知られています。
現代人にとっては性交は妊娠を目的とした活動であるとは言い切れないものであり、男女関係の中で求められるコミュニケーションの一つです。必ずしも妊娠を希望して行われるものではないため、思わぬ避妊の失敗に不安をかける毛エースも多くなってきています。その様な際に非常に大きな意味を持つのが緊急避妊薬であるアフターピルなのです。
アフターピルは2回に分けて服用するという飲み方を行います。まずは妊娠の可能性がある性行為後72時間以内に一回目を飲み、その後12時間で2回目を飲みます。この条件での避妊成功の確率は9割ほどであるとされており、少しでも早くに緊急避妊薬を使用することが確率を上げると考えられています。そのため可能であれば24時間以内に一回目を服用したいとされています。
現在の日本でアフターピルを入手しようとする場合、産婦人科などの専門医に処方してもらうことが出来ます。錠剤の形で携帯しやすいので、必要になる可能性がある人の場合には普段から持ち歩くと良いでしょう。早くに服用するほどに可能性は高まると言われています。近所のドラッグストアで気軽に購入できるものではありませんので、持ち合わせがない場合には翌日にでも病院にかかるべきであると言えます。